故郷の紹介と帰省

施工管理部ファサード課の佐藤と申します🙂

入社して約5か月が過ぎようとしておりますが、初めてブログの順番が回ってきました。

転職後、初めての正月休みを利用して実家に帰省しました。

少し前の話になりますが、

私の故郷の紹介、及び帰省の様子を書いてみたいと思います。

 

まず、私の故郷、山形県鶴岡市は山形県の西部日本海側に面している都市で、

人口は約14万人、面積131.51㎢

(市町村面積全国ランキング第10位、東北では第1位)です。

小説家 藤沢周平の出身地としても知られているところで、

最近では「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」や

クラゲ展示で全国一の「クラゲ水族館」としても有名な「加茂水族館」、

そして、学校給食の発祥地でもあり、「だだちゃ豆」と呼ばれる全国的にも有名な枝豆の産地・・・

などなど昔と比べ、観光資源の増加に伴って観光客が増加していると聞いております。

 

 

私の出身地の紹介はここまでとして、さて本題、帰省の模様について。

我が故郷山形は北国ですので当然雪が多いと思われがちですが、

鶴岡市がある日本海側は冬に対馬海流という暖流の影響があるので

豪雪地というわけではありません。

しかしながら雪は積もりますのでウィンタースポーツも盛んです。

今回娘がスキーをしたいとのことだったのですが、

訳があり、スケートに急遽変更することになり・・・初スケート体験となりました⛸

写真の通り、初スケートの娘、スイスイ滑れるではありませんか😮

聞けば「簡単だよ、インラインスケートと同じだもん」とのこと。

父親の私は1時間滑走のうち3回ほど転倒というありさま😓😓

娘は0回、子供の順応性は早いとつくづく感じました。

 

めったに雪が降らない東京育ちの我が子たち、雪遊びは冬の帰省の際の楽しみの一つ。

今年は4歳と2歳になる従弟とともに3日間雪遊びを堪能しました。

今年はあまり雪質が良くなかったものの雪遊びには十分の積雪量。

ご覧の通り大興奮でした。

 

 

一方、私の帰省の楽しみはというと、

友人との飲み🍻とラーメン🍜食べ歩き。

そのラーメンといえば、

我が山形県は消費量全国一位というほどのラーメン好き県民でありまして・・・

帰省中ほぼ毎日ラーメンを食する私。

今回の帰省は、訳あって一回しか食べることが出来ませんでした😢

写真は飲み会後の〆ラーの様子です。

〆ラーっておいしいですよねホント🤤🤤

 

 

 

家族みんなよく遊び、よく食べ充実した今回の帰省。

子供たちの良い思い出となったのかな、と思うのと同時に

次回の帰省はラーメンたくさん食べるぞ!と誓う私でありました・・・

 

 

 

 

サッシ、玄関ドア、手摺の改修工事を行っております。
管理組合様・管理組合様・設計事務所様・ゼネコン様、
是非、三和アルミ工業株式会社までご相談くださいませ!