三和アルミ工業の耐震工事

こんにちは、施工管理部ファサード課の浅利です😎

 

今回は私が兼務で担当しているPCM部耐震課の仕事についてご紹介いたします。

三和アルミ工業がサッシと手すりの会社とお思いの皆様、

弊社では団地に住みながらの耐震補強工事も施工しています!

 

サイド・ポ・スト工法 建防災発 第16022号を取得しております。

「塗って耐震」をキーフレーズに

大掛かりな重機などを使用しない住みながらの耐震化工事を可能にしています。

☝🏼詳しくはこちら

 

 

私は今、東京都某所T団地の耐震化工事を実施しています。

最初に外壁表面の塗装やモルタルを撤去し、コンクリートを露出させ、

ドリルで鉄筋を取付けるための穴を開けます。

 

溶接で組立てたハシゴ状の鉄筋を壁に取り付けます。

もともとのコンクリートと一体化させるために開けた穴に鉄筋を差し込み、

特殊な樹脂で固定しています。

 

左官作業で特殊なポリマーセメントを何度も塗重ねて目標の厚さまで仕上げます。

最初の穴開け作業が終わると音や振動がそれほど発生しないので、

他の工法と比べてお住いの方の負担が少ない工法になっています。

 

左官が終わったら、最後に塗装をして完了になります。

ここの建物では、1階の壁と2階部分まで柱を補強しています。

他の工法と比べて見た目が変わらずスッキリとした仕上がりになっています。

ちなみに、この団地では過去に弊社で全ての棟の窓の改修工事も実施しています。

 

 

このような耐震化工事も弊社では出来ます!
お気になられた管理組合様・設計事務所様・ゼネコン様は
ぜひ三和アルミ工業までご相談くださいませ!