バルスター施工課 現場紹介 vol.4

手摺 現場紹介

ご訪問ありがとうございます。

工務部バルスター施工課の大野です 😀

今回は私が担当した工事現場についてご紹介いたします。

 

通常手摺交換工事は、既存のスチール製またはアルミ製手摺を撤去し、新規のアルミ製手摺を
取付しますが、今回は既存のGRC手摺(耐アルカリ性ガラス繊維で補強したセメント手摺)を
撤去し、アルミ製手摺に交換する工事でした。

このタイプの工事は、弊社としても久しぶりなので、以前の資料や写真を参考にしながら、
試験施工を行いました。新規手摺取付については順調に進みましたが、予想以上に
大変だったのが、撤去したGRC手摺が予想以上に重く、1枚そのまま撤去した場合、
大人4人でも移動が困難な状況でした  😯

(GRC手摺撤去前) 重すぎて移動困難

検討の結果、分割して撤去することになりましたが、粉塵が大量に出ることを予想し、
切断時には集塵機を使用、掃出し窓はプラべニアで養生を行いました。

(GRC手摺カット中) 集塵機を使用しながら分割しています。

(GRC手摺カット完了) 3分割しました。

粉塵、撤去したGRC手摺の落下などに注意をします。

(GRC手摺撤去完了)

(取付は順調に進み)

手摺を取付後、粉塵の清掃を完璧に行います。

 

(アルミ手摺施工完了)

従来の手摺と一体感が増すように見えます。

(施工完了後)

今後、このタイプの交換工事が増えてくると思いますので、
安全を第一に考えて作業を行います。

以上、GRC手摺撤去取付のお話でした。

 

サッシ、玄関ドア、手摺の改修工事を行っております。
管理組合様・設計事務所様・ゼネコン様、ぜひ、三和アルミ工業株式会社までご相談くださいませ!