ご訪問ありがとうございます。

営業第一部営業第一課の中澤です🙂

 

日中はまだ暑さのなごりを感じますが、

朝夕の風には秋の涼気がしだいに感じられるようになりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

さて、今回は2016年に弊社にて施工いたしました、

武蔵野スカイハイツ手摺改修工事 について

ご紹介させていただきます。

 

当マンションは、1974年に竣工し、築44年になる11階建343戸、

手摺総m数で表すと、3350mを有する大規模なマンションとなります。

既存の手摺はアルミ製でありましたが、

43年の経年による劣化や安全性及び美観性の低下が著しく進んでいたため、

組合様が手摺改修に踏み切ることとなりました。

 

<施工前>

 

 

取付工法においては様々な案が出た中、居住者の安心感を維持するため、

既存手摺と同じ内側付け工法で、

且つ支柱の本数を減らすことで躯体への負担が少なくなるよう、

方立併用方式となりました。

 

意匠においては、全面改装するのであれば強度はもちろんのこと、

資産価値の維持・向上の観点から

見た目も大幅に変更し、美観性の向上を考えた結果、

アルミサッシ色と同色のステンカラーで

格子+ガラス(合わせガラス)タイプとなりました。

アルミサッシ色と同色にしたため、アルミサッシと手すりの調和がとれ、

且つガラス色をブルーにしたことにより、

建物全体が明るい印象の仕上がりとなっております。

 

<施工後>

 

 

今回の施工は、仕様を決定するまでに組合様と幾度となく打ち合わせを重ねていったため、

組合様にも大変満足していただきました。

また、弊社としましても、

今回の仕上がりは非常に満足のいくものとなりました。

 

 

そこで、年に一度行われる改装作品コンテストに

この武蔵野スカイハイツ手摺改修工事をエントリーすることにいたしました。

 

 

その結果は・・・

 

 

なんと最優秀賞を受賞することができました!

賞を取るために施工しているわけではありませんが、

数多くエントリーされている物件の中から

最優秀賞を受賞することが出来、大変嬉しく思っています😊

また、私自身が携わる物件での受賞も初めてだったので、

大変印象深く、満足出来るものとなりました。

 

弊社は、今後もお客様に喜んでいただけるよう、提案段階から施工まで

品質を第一に考え施工を行ってまいります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

今回は手摺の物件でしたが、サッシ・玄関ドアの改修工事も行っております。
管理組合様・設計事務所様・ゼネコン様は、ぜひ三和アルミ工業㈱までご相談くださいませ!!